軌間のロマン

・軌間とは

鉄道の軌間とは、「軌道中心線が直線である区間におけるレール頭部間の最短の距離」のことを指します。

何言っているかわからない人も居られるかと思いますので、わかりやすく翻訳すると、「まっすぐな場所におけるレールとレールのはばの長さ」のこととなります。

・軌間の種類

軌間は軌間でも様々な種類があり、その種類はたくさんあります。

そんな中で代表的なものを紹介します。

・狭軌

狂気?恐ろしい…

って違います。

狭軌

です。

狭軌は日本国内の多くの鉄道路線で採用されている軌間です。

幅は約1000mm~1300mm。

一般的な大きさですね!

メリットとしては全体的な建築物の大きさが小さくなるので費用を安く抑えることができることだと思います。

・標準軌

照準器?また怖いものが出てきたよ…

って違います。

標準軌

です。

標準軌は日本国内の新幹線と一部私鉄、またヨーロッパや中国、韓国で採用されている軌間です。

メリットとしては、幅が広く、車体が安定するため最高速度を速くでき、また、ある程度建設費を抑えることができることです。

・広軌

こーき?人の名前?…いいえ。違います。

広軌は主に外国で採用されている軌間です。

大きさが1m60cmあるというと、日本では想像し難いですね。

・なぜ日本は狭軌が多いの?

なんででしょうね。

それについては、また別の記事で解説します。

時間がないので、今日はこの辺で!

・編集後記

軌間は言う事、聞かん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました